3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

銃社会アメリカの3Dプリントガンに対する抑制

銃社会アメリカの3Dプリントガンに対する抑制

3Dプリントガンのチェック

 

米国務省は、3Dプリンターで作成されたプラスチックの銃などの禁止提案を提出しました。

武器関連の「技術データ」のオンライン配信などの制御についてです。
いくつかのパブリック·グループの反対や論争を、米国内以外の日本でも引き起こしている、この3Dプリント武器関連の問題について、
こうした3Dプリント銃を所有することが、次第に世界的に困難になろうとしていることを意味します。

 
3Dプリントガン

 
TSAが主要なアメリカの空港で覆面捜査官が、試験的に運んだ偽の爆発物や武器の識別に失敗していることで有名な空港のセキュリティにおいて、
70の試験のうち67において、薬剤反応なく、こうした武器を運ぶことができました。

「どのように我々は検出不可能なプラスチック製の銃器を運んでいることを見つけられますか?」とイスラエルは尋ねました。
従来の金属探知機で認識されず、検出不可能な銃器の近代化法(UFMA)です。

現行法は、プラスチックの銃を禁止していますが、抜け穴として、空港のセキュリティを通過する前に、金属の取り外せるストリップなどもあります。
UFMAは、銃の所有者がプラスチック部品で作られた銃を設計・作成できます。
しかし、銃の主要成分は、X線または空港の金属探知器によって識別されないように、金属成分を除去するなどで、
その方法では銃が動作しなくなるようです。
空港のセキュリティを近代化しなければ、殺傷能力のある3Dプリントガンは増え続けます。

 

 

銃社会アメリカ

 
国務省は、デジタル武器ファイルを制御する方向で、オンラインファイル、3Dの利用可能性にはポジティブですが、
論争となっているオープンソースの銃器設計グループについては、
世界初の完全3Dプリント可能な銃の公開STLファイルを作成するため分散するよう手紙を送りました。
手紙では、政府がオンラインで任意の3Dプリント可能な銃のファイルを公開する前に特定のアクセス許可を取得するためには、
グループを必要とすることを確認しました。

国務省はまた、作成の情報や、命令を提供する、任意の「技術データ」のオンライン出版に、事前承認を必要とすることを官報のファイルで発表します。
彼らの防衛は、武器がオンライン上でで利用可能なファイルを作成するなど、「技術データ」の定義は、意図的に曖昧であると思われます。
政府と国民がより3Dプリント可能な兵器の脅威をより認識するようになってきました。
誰にでもアクセス、ダウンロード3Dプリント可能な状態で、オンライン技術データが公開されているという脅威です。
アメリカで警官などによる殺傷事件も増え、銃に対する意識も高まるなか、こうしたオンライン3Dプリントガンのあり方にもアメリカが意識し始めているということです。

 

米国務省


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top