3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

銅像を3Dプリンターで実現するインドと日本の関係

銅像を3Dプリンターで実現するインドと日本の関係

銅像を3Dプリンターで

インドで3DプリントされたAshtaVinayakaアイドル(銅像)はMGロード駅近くのメトロ芸術センターランゴーリーにて公開されています。

日本とインドとの関係は非常に長く、ブッダガヤから始まっているこの仏教の日本での浸透、信仰は永遠ともいえます。
多くの仏像や大仏が日本に存在し、多くの人々がその前で、手をあわせています。
そのインドではヒンドゥー経も仏教以上に信仰されており、そのヒンドゥー教のアイドルが象であるというのは如何にも皮肉なことです。

ガネーシャと呼ばれるこの神は、ヒンドゥー教では広く崇拝されており、インドやネパールでこの神にまつわるものがよく発見されます。
ガネーシャは、知性と知恵の起源ディーバとして崇めや儀式や儀式の初めから見られます。
それはゾウの頭と大きな腹の形態を持ちます。

この銅像公開プロジェクトはインドのバンガロールベース3Dプリンター会社、Altemテクノロジーズ社と
米、ストラタシス社の戦略的ビジョンパートナー提携によって始まりました。

日本でもインドとの関係が良好になっており、最近のインド首相訪問でも日本のIPS細胞テクニックのインドでの児童への医学的導入などが、
考案されており、こうした中で、同じITや数学、仏教などの共通点を持つ日本が、3Dプリントなど、工業分野でもインドと同等に並び、
同じく共同にそのような分野で開発、研究するにいたっていないのは少し疑問にもなる所です。

3Dプリントでは、数多くの偶像の複雑な細部まで造形し、MaharashtraLike Ashtavinayaka、Siddivinayaka、Dagdusheth Halwaiなど
これらの偶像はすべて3Dプリントにより再現できます。
FDM(溶融積層法モデリング)&3DプリンターベースのPolyjet技術でプリントをスキャンし、3Dで作成されます。

3Dプリントは、デザイン&新製品の開発に必要な時間やコストを大幅に削減し、
簡易にする便利なものとして特に初めから工業の世界では一番注目される機械として、今後も早いスピードで進化しそのニーズにより変様していく機械です。

3Dプリンターで銅像


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top