3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

銅質フィラメントでクリエイティブでアート感覚のある作品を制作する

銅質フィラメントでクリエイティブでアート感覚のある作品を制作する

銅質フィラメントでクリエイティブでアート感覚のある作品を制作する

有名な3Dプリント材料サプライヤーであるcolorFabbは、金属仕様フィラメントcopperFillを開発しました。

これまで同社で最も人気のある材料はwoodFillとbronzeFillですが、今回銅感のある素材として、copperFillを開発しました。

カラーリングにも専門的知識を加え、この銅材に適用された専門知識で、テストプロセスは素材の敵性を把握することです。
また、造形時の温度による軟化や、硬化についても注目する必要がありました。

copperFillや、bronzeFillはエキゾチックでアーティスティックな素材といえますが、材料の性質を一定に安定させる必要もあります。

Makerbot Replicatorの2テフロンアイソレータ、カプラhotendsに見られるように、すべての金属hotendsを使用し、colorFabbは信頼できる素材として誇っている。
初心者のユーザーにも簡単に利用でき、この新しいフィラメントは、人気bronzeFill原料と同じ価格設定となっています。

銅の材質を持つフィラメントによる3Dプリントには、芸術的な分野での利用が特に期待されます。
ブロンズ素材もすでに市場にありますが、こうした3Dプリントが一般に比較的安い価格で、オンラインや電化店などで購入できるようになった時代、
個人でのアートとしてオブジェや小型の銅像が、簡単に自宅で造形可能となりました。

美術系大学などでの利用も期待できますが、簡易な考えで仲間うちや、会社などでスキャナーなどを利用し、
個人のフィギュアのようにそれぞれ銅像を作り、プレゼントや記念にすることもできます。
これまで樹脂フィラメントによる3Dプリントがウエディングや成人式の記念品として、商用的にも製品化されて高級な価格で人気をよんでいますが、
個人利用で、家族に子供がうまれた時などにその小さい時の姿を立体的に芸術的に表現したり、
アート感覚のセンスの良い楽しい使い方もこのフィラメントがあれば可能になります。

銅質フィラメント


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top