3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

電子レンジ対応の3Dプリンター用ダイヤモンドプラスチックポリプロピレン素材

電子レンジ対応の3Dプリンター用ダイヤモンドプラスチックポリプロピレン素材

電子レンジ対応の3Dプリンター用ダイヤモンドプラスチックポリプロピレン素材

中小企業に人気のある低価格のレーザー焼結法の3Dプリンターは、ますますマーケットに拡大してきています。

多くがフィラメントのロールで樹脂を溶かす方法ですが、この粉末プラスチック素材を利用した今回のやり方なら、
電子レンジなどにも耐熱する強度のプラスチック製品の3Dプリント造形が可能になります。

電子レンジに対応することは、これまでのフィラメントでは実現しなかった非常に便利な特性であり、今後幅広く実用化されることが期待されます。
レーザ焼結機用ポリプロピレン材のドイツのダイヤモンドプラスチックを含め、素材にネームブランドある粉末が選択できるようになりました。

ダイヤモンドプラスチックポリプロピレンを利用するレーザーPP、CP22白で焼結する方法などがあります。

それは高い融点をもち、電子レンジ対応のプラスチック食器の多くを構成する素材です。
これは、機器を殺菌するために使用されるオートクレーブでも耐熱性があり、医療および実験室機器に最適です。
電子レンジなどに対応できる素材であれば、今後家庭でも簡単な食品保存容器や食器、マグカップなど、良く使うものも簡単に3Dプリントして自由に作成できます。

ダイヤモンドプラスチックは現在、白色物質レーザーのPP、CP22の独自のバージョンを有しています。
レーザーPP、CP22白は全ての3Dプリンター用レーザ焼結機や非焼結粉末に加工することができ、後の印刷にも完全に再利用可能です。

その造形物の寸法は安定し、剛性をもちます。
材料は良好な耐薬品性を示しており、粉末の最大粒径は90μmで、100μmの微細な層厚で処理できます。
レーザーPP CPは22白は20キロカートンで販売し、サンプルは10キロあります。

同社は、SLSのためのHDPE粉末も提供しています。

電子レンジ対応の3Dプリンター


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top