3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

電子工学に利用できる、導電性のある3Dプリンター用フィラメント

電子工学に利用できる、導電性のある3Dプリンター用フィラメント

3Dプリンター用電導性フィラメントによる電子基板

3Dプリンター用のフィラメントはいままでに多様な素材が利用できるようになり、現在では人工皮膚細胞や人工骨までもが可能になっています。

今回、印刷物を電子的に機能的させる回路基板がフィラメントでできるようになりました。
配線でき、電子部品の製造プロセスを多様化させ、LEDライトまで点灯させます。
一般的な3Dプリンターに十分な導電性を有するプラスチックフィラメントとして開発されました。
人気のPLAフィラメントの3Dプリンターから印刷された内部回路、ワイヤ、センサー、電源コネクタ、が導電性をもちます。

シアトル、ワシントン州の市場において今回、電子伝導性の3Dプリント材料のキャンペーンが行われました。
携帯電話、ドローン、回路や電気部品とのチェックデバイス、またはウェアラブルエレクトロニクスにおける最新のインターネットを3Dプリントできるようになります。
このプロジェクトの支持者は、サポートのレベルに応じて、キーホルダーの懐中電灯を3Dプリントし、価格は25ドルで販売しています。

3Dプリントはしばらくクリエイティブでアート感覚のある分野で、そのフィラメントの材質も発展させてきました。
特に去年から今年にかけて、木材や金属、陶磁器や人工細胞など、また食材にいたるまであらゆるクリエイションで目覚ましく進歩しましたが、
今回このような電子伝導性のあるフィラメント素材の開発によって、あらゆる精密な電子機器を3Dプリントし、コピーできるようになるという、
革命的な製造分野での進歩をみせました。

これにより、宇宙科学、工学や、電子工学、技術、航空などの分野で、時間とコストをかけて制作していた電子機器等の受注製品等が、簡単に自社制作、また個人制作できるようになることは間違いありません。

導電性のある3Dプリンター


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top