3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

韓国のスーパーハイスピード3Dプリンター

韓国のスーパーハイスピード3Dプリンター

高速3Dプリンター

 

韓国の3Dプリンターメーカー「カリマ」は既存の400倍高速DLP 3Dプリンターの中でもより優れた速度で3Dプリントすることができる、
C-CAT(カリマ – 連続添加3Dプリント技術)と呼ばれる新しい技術を開発しました。

DLP 3Dプリンターメーカーは光学機械を生産する方法の変革に焦点を当てた写真伝導事業を行うエンジニア企業として1983年に設立されました。
同社によると、彼らは独自の光学技術で2009年に最初の工業用3Dプリンターを開発しました。
そのカリマ4Sのプロジェクトの開発の第一段階の技術が、Euromold 2015において、発表されました。
カリマの展示
3Dプリンターの性能において、精密であるか、また安価で製造できるか、そして早く造形できるかは大きな焦点となります。
高品質のプリントは、完了までに時間がかかる場合がありますが、C-CATの技術で、カリマは高精細精度を維持しながら、
それらが1センチメートル/分(60センチメートル/時間)のプリント速度に達することができる機能を持ちます。

この技術は、断面画像を形成し、連続的な製造方法を用いることにより達成されます。
以前のDLP 3DプリンターDP110は0.3センチメートル/時間の速度で12ミクロンとプリントの標準層の厚さを有していたのに対し、
カリマ4Sの5ミクロンの層の厚さから、Z軸上の60センチメートル/時間で印刷します。
カリマCEOである、Byungkeukリーは、同社の研究では、速度、精度と材料の3Dプリントのパラダイムを変更したいと考え、
その4S技術が飛躍的に既存の3Dプリント市場に影響を与えるだろうと言います。
カリマ3Dプリンターc-cat
C-CATの技術を搭載した新しいDLP 3Dプリンターは、2016年の初めに市場に出回ることが予想され、既存のモデルは、来年中にDP 845に追加されます。
euromoldでのカリマ
世界中の企業が常に高度な機能を備えた3Dプリンターを発表していますが、カリマのC-CATの技術はそのスーパースピードで注目の的となること間違いなしです。
3Dプリンターは、使用するその素材について、現在ではありとあらゆる現代の世界にある物質や材質の素材を3Dプリントの素材として利用可能としてきました。
そして、3Dプリンターの価格も、特許が切れるなどして非常に安価に手に入るようになり、
刻一刻と高性能なものが安価で3Dプリンター製品として、日本を始め世界中から製造され販売されています。
飛躍的な進化を見せる3Dプリンターワールドに、あらゆる業界やメーカーから、期待が集まります。

 


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top