3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

食品を3Dプリントできる時代です。3Dフードプリント。

食品を3Dプリントできる時代です。3Dフードプリント。

フードプリント

 

3Dフードプリントで利用される素材は、もとは、砂糖や穀物の粉、栄養素、藻類、ビートの葉、または虫のタンパク質などの代替成分です。
それらの素材を利用して、摂取する個人や患者のためのカスタマイズをし、好みや病状に合わせた最適な栄養、
おいしさ、柔らかさなどの選択ができます。
また、形状を楽しむことが最大限に可能です。
キャンディーの中のキャンディー、複雑なパズルのような構成の砂糖菓子などです。
3Dプリントチョコレートの置物、パンケーキやピザなどが簡単にできるフードプリントもできます。

 
3Dキャンディー

 
飛行機の機内食はあまり興味深いテイストとは言われません。
しかし、この分野に、インド工科大学でデザイン学生のグループの、グワハティは、3Dフードプリント技術を使用してそれを変更したいと考えています。
子供の長い機内での到着までの待ち時間、可愛らしい3Dプリンターによる機内食はいかがでしょうか?
パンケーキプリンタ、チョコレートプリンター、キャンディプリンタ、さらにはリンゴのプリンタまである、
3Dプリンターは、機内という空の上で、いろんな食べ物を実現するのではないでしょうか。

3DシステムズのChefJetとChefJetプロ、2つの3Dプリンターは、特に注目されるフードプリンターです。
これでいろいろな食品のプリントアウトが可能です。

フードプリンターは、いくつかの場面で使用することができます。
例えば、宇宙飛行士がより良い食事を摂取したり、普通の家庭の食生活を改善することもでき、
また、戦場の兵士のために有用である可能性があると 米軍は考えています。
ナティック兵士の研究、開発及びエンジニアリングセンター(NSRDEC)は、現在、食品の印刷は、軍事の世界を助けることができるとしています。
シェフや食材の乏しい戦場での3Dプリンターの利用にも期待されます。

 

3Dザウルス
食品のプリントは、基本的にはパウダーなどの細かな素材により、形状やテイストが構成される仕組みです。
ですからフルーツのような想像できないものまで、そっくりな感じでプリントアウトできる時代になりました。
こうしたことで、栄養素など、バランスよく配合した焼き菓子やプレートが、高齢者や幼児など、
そうした食品を必要とする人たちのためにプリントアウトできるのです。

また、楽しい形状の数学的、幾何学的なキャンディーやチョコレート、また、発想をかえたハンバーガーやピザなども、
全く通常とは違ったクリエイトな方法で、つくってしまうことができるのです。
ある素材さえ揃っていて3Dプリンターがあれば、こうしたコックのいないキッチンがその場で実現する時代なのです。
3Dピザ


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top