3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

飼い犬の不自由になった四肢を3D印刷の人工骨で元の健康を取り戻す

飼い犬の不自由になった四肢を3D印刷の人工骨で元の健康を取り戻す

3Dプリント人工骨で元気になったオレオ

アメリカの獣医外科医、整形外科医であり、生物医学エンジニアのクロスファンクショナルチームは、
新しい膝の膝蓋骨を必要としている犬のためのカスタム膝蓋骨インプラントを3Dプリント技術により4日間で制作しました。

3年前に6歳になるカナダの飼い犬、オレオは、通常の獣医科手術により脱臼左後肢膝の膝蓋骨を受け、本来の骨は痛みを和らげるために削除されました。
しかし術後の状態はひどいものでした。
オレオの獣医師はその犬の為にも、カスタマイズされた3Dプリントによるインプラントを作成するべく、
研究とテストができる施設である整形外科·イノベーションセンター(OIC)に連絡しました。

OICは、定期的にそのクライアントのために設計と生産サイクルを短縮する手段として、3Dプリントを使用し、
膝蓋骨を生産する最新の設計技術や熱溶解積層法(FDM)の3Dプリント技術を使用した手術のソリューションに、
大腿骨と大腿四頭筋に合わせてカスタマイズされたインプラントを開発しました。
OICは、膝蓋骨のスケーリングされたデジタルモデルを作成し、CADモデルにしました。
オレオの膝蓋骨のX線放射線写真は、新しいインプラントが大腿骨と一致するためのCAD設計を調整します。

OICはその後ストラタシス社の3Dプリント製品、Fortus400mc3Dプロダクションシステムを用いた人工膝蓋骨を印刷しました。
材質は生体適合性ポリカーボネートにより、手術前にインプラント上に物理試験を実施し、滅菌片や腱及びポリプロピレン縫合糸を使用して、大腿四頭筋に取り付けました。

オレオというこの犬は手術後、再び長い散歩に行き、四肢を最大限に使用してジャンプすることができるようになり、
3年後にはFDM3Dプリント技術への活動的な生活を楽しんでいます。飼い犬の健康は飼い主の誇りでもあります。

FDMは、インプラントの製造のための理想的な3Dプリント技術だとPetrakは語ります。
FDMで、患者や犬の解剖学的構造に一致可能なインプラントを調整することができる事を証明しました。
人間の人工頭蓋骨なども中国では実際的に手術にすでに使用され、好結果を得ています。
これからの人工骨は、個々の骨の形にあわせた3Dプリントによる人工骨が主流となる傾向は確かです。

犬の人工骨


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top