3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

高校が3Dプリンターを使って9歳の少女に義手を提供。

高校が3Dプリンターを使って9歳の少女に義手を提供。

カイリー·ウィッカー

日本でも3Dプリンターは簡単に手に入るようになりました。
オンラインや店頭で7万以下のものがあるのです。

そして国は特に高校や大学での”ものづくり”の一環としても3Dプリンターの導入と開発に力を注ぎ始めています。
世界でも特にヨーロッパやアメリカでは非常にうまく3Dプリンターが活用されています。

イリノイ州の高校では、3Dプリンターを使用し、9歳の少女のためにプラスチック製の手の構築をしています。
小学校三年生のカイリー·ウィッカーは普通の9歳の女の子ですが、左手の指を持たずに生まれました。
カイリーの両親は義手を考え、5万ドルで保険はコストの80%をカバーするものならありますが、成長により新たな義手がすぐ必要になります。

そこで彼女の父親が3Dプリンターの義手についてのオンラインビデオを見つけ、同地区で3Dプリンターのある高校の教師に電子メールを送りました。
「彼はオンラインで3Dのプラスチック・プリンタで義手ができることを知っていて、ここにひとつあることがわかっていた。」
エンジニアリング・グラフィッククラスのインストラクターであるバド・メイはいいました。

教師と生徒は義手の設計を開始し、Makerbot 3Dプリンターで数日その方法を探しました。
この手の価格のうち1.00ドルはプラスチックの材料費で、留め具などを含めると5.00ドルです。3Dプリンターでしか実現しない義手の価格です。
すぐに完成の予定で、9歳の少女カイリーは、義手をつけて自転車に乗ることを楽しみにしています。
3Dプリンターによる義手を提供


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top