3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

黒鉛を3Dプリンターの材料として利用する

黒鉛を3Dプリンターの材料として利用する

黒鉛で3Dプリント

Grafoid株式会社は、 3Dプリントのためメソグラフ・グラフェン·ベースの粉末やフィラメントを製造するための微粒化施設建設のためAltamat社と契約を締結しました。

官能基化粉末を広い範囲で使用するための技術が適用できるようになります。
微粒化施設はキングストン、オンタリオ州イノベーションパークテクノロジーセンターにあるGrafoidの施設に配置される予定です。

Grafoidは非公開グラフェンの研究、開発および投資会社です。
Grafoidとシンガポール国立大学( NUS )は生の、未処理の黒鉛鉱石を一度に手頃な価格で、拡張性のある、高純度な数層のグラフェンに変換する独自のプロセスを開発しました。
同社は2013年に「 MesoGraf 」と呼ばれるグラフェン系材料プラットフォームを発表し、それが大量にできることは、
手頃な価格で高品質なグラフェンを生産できるようになるということだと述べました。
新しいMesografベースの3Dプリント可能な粉末およびフィラメントがスケールの大きな大量生産のための工業用需要を満たすようになり、
ますます多くの産業がその生産工程に新しい製造方法を採用すると、Grafoidのような企業への扉を開いていきます。

黒鉛で3Dプリント


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top