3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

2台目の3Dプリンターでは金属をつかった3Dプリントをしよう

2台目の3Dプリンターでは金属をつかった3Dプリントをしよう

プラカードもカットできる

 

樹脂製の3Dプリンターが、特に個人ユーズには主流の世界ですが、カーボンや粘土、金属を混ぜ込んだ新しいあらゆる種類のフィラメントがどんどん開発されています。
そしてそれらを使うあらゆる3Dプリンターが開発され、販売されてきています。

Indiegogoのミニメタルメーカーは1500ドルです。
この3Dプリンターを発売して以来、デビッドHartkopは、新しい金属印刷を考えていました。
3Dプリントの金属注入粘土フィラメントを利用したものです。
3Dプリントの溶融堆積モデリング法を用いた、金属ベースフィラメントを利用した低コストのソリューションの実現を図っていました。
伝統的な製造方法で作られていた従来の、3Dプリント機能性金属オブジェクトですが、Hartkopは最近、ミニメタルメーカーの3Dプリンタを使用して、ブロンズハサミを3Dプリントしました。
3Dプリンターで金属製の道具を作るのは面白い発想です。

 
ミニメタルメーカー

 
BRONZclay3Dでは、化学的に古代の「青銅時代」のコインや彫像や剣を作るために使用されたりします。
Hartkopは光波を使用してハサミをモデル化し、ネジと、ハサミの完全な左右対称のデザインを選択しデータ化しました。
そして人気のあるSlic3rオープンソースのスライスプログラムを通じてそれを実行しました。

この3Dデータをもとに、ミニメタルメーカーで15層、0.25ミリメートル層で印刷しました。
「このハサミのプリントには42分かかった。私は、0.28ミリメートルの精度で22ゲージの押出ノズルを選択しました。
粘土約15グラムを使用したハサミをプリントします。当社の標準カートリッジは、50グラムで、ハサミの全てを印刷することができた」

 

金属パーツをプリント

 

最終的な3Dプリントオブジェクトが一晩放置され、クリーンアップされた後、この段階で1550時間あたり250度の変化を持つ電気窯で焼成しました、
その後、熱を水で急冷するジェット機でそれらを処理しました。
他のセラミック材料と同様に、金属粘土は収縮し、はじめ83.25ミリメートルでも、乾燥時ブロンズハサミは84ミリメ​​ートルとなり、最終的に76.85ミリメートルです。
Hartkopは、印刷表面のメタリックな輝きを引き出すため、スチールウールで磨き、ドリルプレスをネジに使用していました。
FDM 3Dプリンタで作成できるオブジェクトの量を考慮すると、金属から作成することができる可能性は無限です。

 

3Dプリントされたブロンズハサミ

 

 


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top