3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンターでクリエイトするための知識とマナー

3Dプリンターでクリエイトするための知識とマナー

3Dプリンターでクリエイトするための知識とマナー

3Dプリンターは今、大型の造形物製造用のものでも輸入すれば3万円代で購入できます。

昨年から特許が切れ、家庭用の簡易な3Dプリンターが安く手に入るようになりました。
そして大型の造形物まで、家庭にスペースがあれば簡単にできるのです。

同時に日本でも、拳銃の製造や、性的な造形物の3Dプリントについての逮捕がありました。
3Dプリントのイメージはまだ一般にはあまりよくないといえますが、昨年から資本の投入も始まり、
大阪の専門高等学校でも3Dプリント学科ができるなど、どんどん大衆化してきています。

日常品の3Dプリント製品のダウンロードは簡単にできるようになり、オーダーメイドのアクセサリーや、靴、医学的には人工骨までもダウンロードすれば、
家庭の3Dプリンターですぐに印刷できます。

日本の報道ではあまり3Dプリンターの可能性については知られていないといえますが、3Dプリントカフェや、展示会などが日本でも実行されています。
海外では3Dプリントのあらゆる可能性をいかして、義手や義足を地域の大学などでつくってそれを必要としている同地区の子供に提供しています。

学術的、工業的、医学的分野では幅広く進化しており、またそれに応じて3Dプリンターの機能自体も同じく進化し続けています。
すべてのマテリアルをカバーできる、素材のバラエティはこれまでの樹脂から木材、金属、人工皮膚にいたるまでを現在までに可能にし、
それは、特に医学の分野では死亡した人体や、生体からこれまで登用していた骨や細胞などを、人工的に3Dプリントで作り出し、
それは宗教的、道徳的な今までのクリエイトのあり方や常識を打ち破り、新しく第二の人体素材として、これからの医療の世界に明るい可能性を見いだしています。
人工のフルーツまでを3Dプリントすることができる3Dプリンターは、これまでの技術の世界にはなかった新しい製造、生産の未来を投影しています。

3Dプリンターでクリエイト


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top