3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンターの印刷技術の種類

3Dプリンターの印刷技術の種類

3Dプリンターの印刷技術

3Dプリンターではかなり沢山の技術が用いられています。

そしてそれぞれの技術の主な違いは、パーツを作成するために各層がどのように構築されるかによります。
3Dプリンターでの印刷とは、実質的に任意の3Dデータに基づく形状の三次元立体物を製造する方法で、
3Dプリントは、材料の連続にデータによる形状に積み重ねられた層が造形物を作り出します。
主に、切削や穿孔などの方法による材料の除去によっての従来の機械加工技術とは異なった造形物の作成方法です。

SLS(レーザー焼結法)、FDM(熱融解方式)とSLA(光造形法)は、3Dプリンティングにもっとも使われている技術です。
選択的レーザー焼結(SLS)と溶融堆積モデリング(FDM)は、溶融または軟化素材を使用して各層を構築しています。
低価格の3Dプリンターの多くはABS樹脂とPLA樹脂という素材を使用しています。

これらの方法によって個人でも雑貨やシューズ、日用品やフィギュアなど、様々なものを作り出すことが可能になりました。
3Dプリンターの進化と発展によって、素材も多種にわたり、未来的には目に見えるものならほとんど作り出すことができるようになるかもしれません。

3Dプリンターの印刷技術


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top