3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリントスキャナー、印刷によるあらゆる造形品の個人製造

3Dプリントスキャナー、印刷によるあらゆる造形品の個人製造

3Dプリントスキャナー、印刷によるあらゆる造形品の個人製造

去年から3Dプリンタ機械は大幅にコストダウンしています。

その影響もあり、ニュースでも話題にあがりました。今年になり大型の3Dプリンタ機械が、輸入であれば、日本円で3万から4万の値段で手にはいり、
スペースさえあれば、個人宅で大型のオブジェや花瓶などが簡単に3Dプリントできるようになりました。
こうした機会を得て、すこし前から広く3Dプリンターの普及しているアメリカやドイツなどの海外での造形品を確かめてみることもできます。

3Dプリントの製造に必要な3Dデータを作成するのは、通常のビジネスマンでも困難なことですが、専門の3Dプリンタデータのサイトなどで、
あらゆる物が造形のためダウンロードできます。
そして、スキャナーがあれば、自分のなくしたアクセサリーや、おもちゃの部品など、簡易に製造することができますが、
なくしてしまう前にスキャナーで記録する必要はあります。

人工細胞、骨、内臓、筋肉、そして金属、木、樹脂、食材、栄養素にいたる素材が、現在までに利用可能になっており、
3Dプリント機械もケータブルから大型のものが格安で手にはいり、また学術、宇宙、医学、工業には精密な3Dプリント機械が日ごと新しく作られています。

3Dデータ、専門販売市場も、身近に拡大、成長しており、特に今年には数多くの3Dプリント市場がネット上でオープンする予定です。
特にアメリカでは実際に3Dプリンタを体験できる展示会などの開催もあり、日本でも東京を中心に3Dプリント体験カフェなどが渋谷などにあります。

日本で資本投入がはじまった3Dプリントの分野の研究と、学校教育への導入のスピードには目覚ましいものがあり、
同時に個人での3Dプリンタの利用法も期待されています。

3Dプリントスキャナー、印刷


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top