3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリント関連の学校教育、雇用へのスキルアップに関する海外での取り組み

3Dプリント関連の学校教育、雇用へのスキルアップに関する海外での取り組み

3Dプリント関連の学校教育

オートデスク社、大手の3Dモデリングソフトウェアメーカーは、オーストラリアとニュージーランド(ANZ)での教育プログラムで、
設計ソフトウエア、3Dデザインソフトウェアとアプリを学校や大学において無料のアクセスを提供しています。

科学、技術、エンジニアリング、美術、数学のフィールドをカバーして、3,400校で教育支援され、キャリアを得ようとする学生達に用意されています。
また、標準的なレッスンプランを開始し、ソフトウェアやアプリケーションを統合しました。

フリーソフトウェアのトレーニング、プロジェクトベースのカリキュラムで中等学校の教師への教育も目的としています。
日本では昨年から3Dプリンタに関する特に教育におけるもの作りへの投資に注力しており、同様な3Dプリントソフトなどの発展が期待されています。

「最近学生による、デザイン、3Dプリントと多波長天文学など、研究の一環として、宇宙ベース天文台を提示するなど、
物理学のカリキュラムにおけるオートデスクソフトウェアの使用を拡大してきました。」と、
メルボルンのダビデ王学校の科学技術教育者、ミロラド・セロバックは述べます。
こうしたスキルアップを目的とした3Dプリント関連の活動は、学生の将来の雇用に必要なスキルとなり、必要な一段階といえます。

ニューカッスルのメラウエア高校も学校デザインコンペティションで。国際F1への参加につながるソフトウェアを使用しています。
「私たちのチームのサザンクロス·レーシングは専門家がプロジェクトを設計しており、それと同じ3Dツールを学生が使用し、
アブダビの今年のF1の世界大会に出場しました。学生はこの業界標準のツールに堪能になることができます。
それは学生に、未来のデザイナーとエンジニアとなる、とても有利なスタートになるとして、私はこのことにエキサイティングになっている。」
メラウエザー高校の技術の先生、マイケル・ブラッドは言います。

オートデスクはまた、「スパーク」という、独自のオープンソフトウェア3Dプリントプラットフォームとローエンドの3Dプリンターの分野への参加を5月に発表しました。

3Dプリント関連の学校教育、雇用へのスキルアップ


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top