3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

14フィートもの巨大な生き物を3Dプリントして展示

14フィートもの巨大な生き物を3Dプリントして展示

3Dプリンとされた巨大生物

3Dプリンターのストラタシス社はコミックコンインターナショナル2014カンファレンスにおける、14フィートの巨大クリーチャーの作成にあたって、
スタン·ウィンストン·スクール・オブ・キャラクターアート、レガシーエフェクト、コンデナストエンターテインメントと有線で会議協力してきました。

この3Dプリントクリーチャーは、カリフォルニア州サンディエゴで7月24〜27日の間、展示されていました。
Bodockと呼ばれる、巨大なクリーチャーはスタン·ウィンストン学校で芸術家が設計しました。

クリーチャーの材料はABS-M30の熱可塑性材料を使用して作成されています。
建設には、レガシー効果施設で7,500時間で6週間かかりました。

ライフアイアンマン、アバター、パシフィック・リム、およびロボコップなどのキャラクターを製作してきたこのスタジオは、
3Dプリント部品の数十を構築するためにストラタシスと緊密に協力しています。

「巨大な生き物に関するプロジェクトの全てが意気込みにみちていました。サイズ、重さ、配達スケジュール、パフォーマンス、必要なものについて。」
とマット・ウィンストン、スタン・ウィンストン・スクールの共同創設者はいいます。
人気のあるキャラクタークリーチャーを手がけているだけに、今回の3Dプリントによるクリーチャーにも高い評価が期待されます。

3Dプリントキャラクターは、ユニークなインタラクティブな体験をイベントで参加者だけでなく、ファンに提供するために、
オンラインでも映像とセンサーのさまざまな技術を統合しています。

巨大な生き物を3Dプリント


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top