3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dキープリントサービスが開始されました

3Dキープリントサービスが開始されました

3Dキープリント

カンザスシティにある、24時間365日営業の鍵屋BBBは錠前について3Dプリント利用の報告書を発表しました。

キーの紛失や盗難に遭った場合、その回復にはこれまでかなりの時間とお金がかかりました。
しかし、デジタルキー格納スタートアップKeyMeは2013年12月に新しい3Dキープリントサービスを開始しました。

KeyMeのモバイルアプリでは、ユーザーがスキャンして、クラウドにおいて鍵のデジタルコピーを保存し、
必要な重複コピーをいつでも3Dプリントで作成することができ、鍵のコピーはメールで注文できます。

ニューヨークのKeyMeは、独自にマンハッタン全体をカバーする緊急ロックアウトキー配信サービスを
キオスク、セブンイレブンでのベッドバス&ビヨンドストアを提供しています。
ユーザーがKeyMe iOSアプリを経由して、プラスチック、真鍮や金における3Dプリントのキーを注文できるのです。
しかし、ここで心配されるのは、窃盗犯による、3Dプリントの鍵の複製です。

KeyMe CEOのグレッグ·マーシュは、KeyMeのアカウント情報、クレジットカードの記録、
およびそのキオスク指紋スキャナとデジタル証跡を残すためにデジタルキーを再現することは、他の方法よりも安全だと語っています。
また、都会での生活に鍵は非常に重要であり、複製の簡易性と安全性は同時に非常に重要なものです。

KeyMeと同様の他の二つのサービスでは、スマートフォンのアプリを使った3Dプリントの鍵の複製です。
サンフランシスコに本社を置く同社KeysDuplicatedとベルギーKeysaveでは、ポストを通じ重複した注文ができ、
わずか数秒で3Dプリントの任意のキーがコピーできます。

「人々は、今では唯一のキーが、たった数秒で複製可能であることを理解し始めています。」
オランダlockpickingの第一人者で、セキュリティコンサルタントのジョス・ウェイヤーズは述べています。

3Dプリントキー


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top