3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dクレイプリンターの技術と今後の進化

3Dクレイプリンターの技術と今後の進化

3Dクレイプリンターの技術と今後の進化

3Dプリンターは、簡易で手頃な価格になりましたが、使用は非常に高価で困難です。

オランダのデザインデュオは大型の陶磁器の生産が可能な革新的セラミックプリンターで、それに改革を試みています。
粘土質のセラミック材料による3Dプリンタ印刷でオブジェクトを生成します。
ウェブサイトで閲覧でき、テストされた造形品を見ることができます。

日本の陶芸品の作成や学術的な研究にも、この3Dクレイプリンタの今後の進化は注目させるものがあります。

その3Dプリンタの正確な速度は、特定の設計と粘土質材料の湿度に影響し、その造形品のサイズや厚みにより、完了まで約15分から一時間程度必要です。

Vormvrijtと呼ばれる、このマシンの構造は、低コストであり、改良・変更の可能性を残すため、標準コンポーネントベースで構築されています。

材料の重量は、3Dプリントの主なネックになります。
粘土素材は非常に重く、大型のデザインの印刷では自重でその造形品を崩壊する可能性が常にあります。
乾燥粘土のオプション使用では、粗く雑な仕上がりとなり、正確な設計には不適切でしかも爆発の危険性を持ちます。

新しくこの問題をカバーする3Dプリントマシンのデザインは、プラスチック素材の作業による3Dプリンターの機能とは異なります。
重い粘土素材の堆積に、モータを使用せず、材料の堆積の調節に印刷速度と空気圧との間の微妙なバランスを利用します。

樹脂素材を利用する一般的3Dプリントとは違い、この3Dセラミック印刷ではセラミック造形技術を熟知した実践的アーティストでなければ困難で、
継続的に市場での低価格セラミックでありながらセラミックプリンタの進化に焦点を当てています。

この3Dセラミックプリンタの改善は進行し、ボトル、容器、花瓶、カップ、皿、など機能的・日常的です。

デジタル設計でSTLファイルを用い、アーティストにより実現し、現在小型版も検討しています。
陶工や教育機関などの専門的な個人による実用的クレイ印刷の広い範囲での利用が今後きたいされています。

3Dクレイプリンター


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top