3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3DバイオプリンティングによるDNAのカスタムオーダーの可能化

3DバイオプリンティングによるDNAのカスタムオーダーの可能化

DNAのナノバイオプリンティング

3Dプリンターを利用したアプリケーションの開発はとどまるところを知りません。

また、それに対応したソフトの開発も、世界中、そして日本でも進化しています。
米のテキサス大学オースティン校の化学·生化学科、生物学の研究者チームは、ラボで、組織および器官の成長に使用され得るDNAの鎖にいたるまでの材料を3Dプリントすることに成功しました。
3Dバイオプリンティングは、格安で迅速な内臓器の3Dプリントを可能にすることから、これまでの医療技術に大きな革命を与えるものとして、現在も人工骨などの手術で成功し、進化を加速しています。

ナノサイズでの3Dバイオプリンティングは、3Dプリンターの動作について極めて困難な技術でしたが、今回オブジェクト(DNAを含む)の核酸をアセンブルし、使用することができました。
チームはMakerBotレプリケータ2を使用して、PLAまたはABS樹脂が、3Dプリンタから押し出されるのと同様に、コロイド状ゲルを使用した独自の研究を進める方法を見つけ、
このコロイド状ゲルでDNA官能化ミクロ粒子を組み立てるため、センチサイズのスケールでこのゲルを3Dプリンターで押し出すメソッドを開発しました。
等価DNA密度で官能2.3μmのポリスチレン微粒子を使用することにより、DNAの価格はリットルあたりより合理的といえる、60ドルにまで減少させることができました。

従来の3Dプリントされたオブジェクトとは異なり、押出材は、微粒子とそのナノスケールのDNA相互作用によってプログラムされている内部、マイクロスケールの性質を持ち、
今後その自己組織化がテーマになります。

将来的に個人個人のDNAをカスタムオーダーし、組織や特定の臓器を印刷することができることが目標です。
今後の課題は、異なる自己組織化プロセスの効果を試験,制御するために、DNAハイブリダイゼーションおよびDNA回路の両方の性質を用いることです。
3Dバイオプリンティングに一段と注目があつまります。

カスタムオーダーする3Dプリント細胞


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top