3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dバイオプリンティングの将来への研究

3Dバイオプリンティングの将来への研究

バイオプリンティングによる内臓の3Dプリント

肝臓、膵臓または腎臓のような臓器全体を3Dプリンターの印刷技術によって製造することは、医療業界に革命を起こします。

人工骨などは、すでに実際の手術に広く利用されてきていますが、内臓などの全体を3Dプリントするバイオプリンティングは、まだまだ開発の段階です。
欧米のバイオプリンティングの開発者は、国立科学財団からの新しい助成金を受けています。

バイオプリンティングによる臓器の3Dプリント技術の過程は、以下の通りです。
BioP3の場合、生きている臓器部位の成分は、生細胞の数千から数百万を含む三次元微細組織です。
デバイスは、ビルド領域にそれらを輸送し、大規模で複雑な多細胞建物部品をピックアップします。
このプロセスは、以前に人間の臓器を作成するための答えとしての考えられてきた3Dバイオプリンティングとは異なり、一度に1つの小滴を印刷し、
その上に細胞を播種した材料の連続層を堆積させます。
マイクロ成形技術の、種々の型の細胞は、球、ロッド、ドーナツリングまたはハニカムスラブなどの所定の形状に自己集合する非接着性ミルコや、
鋳型に細胞を播種することによって微細組織を形成します。
マイクロティッシュコンポーネントを組み合わせることにより、さらに大きな組織を構築することが可能になります。

小さな透明プラスチックの箱のように見えるBioP3デバイスの内では、微細組織の選択は、中央室に保存されます。
様々なチューブ及び顕微鏡のようなステージに接続されたノズルは、吸引を介して一度に1つずつをピックアップし、
オペレータは、徐々に3D生物学的構造を構築する必要がある場所に正確に各コンポーネントを移動させます。
微細組織は液体で囲まれ、配管が運びそれらに損傷を行わずにマイクロティッシュをリリースし、流体吸引します。

この技術がもっと簡易で単純になり、進化すれば、遺体からの臓器提供など、宗教的に多少現在論議を呼ぶ問題も皆無になり、
またカスタム的に個人に適した臓器の自由な製造と、手術などの費用や時間の削減になり、
バイオプリンティングは、3Dプリントの最も注目される分野として、期待されています。

biop3-0


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top