3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dバイオプリント技術の研究と開発に日本が2・5億円を投資

3Dバイオプリント技術の研究と開発に日本が2・5億円を投資

3Dバイオプリント技術

日本政府は実際に移植手術に利用できる人間の臓器移植の為の3Dプリント人工内臓の製造のため、3Dバイオ印刷技術に投資しました。

現在、3Dバイオ印刷技術の動向は、人間の腎臓を印刷できるとするロシアの科学者、また3Dプリント会社Organovoとエール大学のコラボレーション組織による、3Dバイオ印刷外科医学の進展と発展を望んでいます。
日本の発表によるレポートでは、約2100ドルは、すでに投資し、今後5年間で移植可能な人間の臓器印刷の開発に2.5億円をも投資することを明らかにしました。

3Dプリント可能なヒト組織により、最終的に移植可能な臓器を開発するため、それを使用する大阪大学の研究機関も参加します。ヒト組織の印刷の研究は、iPS細胞に次ぐものです。このフィールドの開発や研究には多くの時間が必要ですが、日本政府が提供する資金は、目標達成に向けて投資され、スタートしています。

日本では先日、医療用CT画像から3Dプリントデータを作成する為のソフトを開発したところです。これまで海外を中心に、実際的3Dプリンターによる人工骨等の印刷と移植を行ってきた3Dプリントの分野ですが、この投資を機に、ますます医療分野での3Dバイオ印刷技術の発展が明らかに際立ってくる事でしょう。

バイオプリントによる心臓


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top