3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンターが一般に浸透するまでの方向性

3Dプリンターが一般に浸透するまでの方向性

3Dプリンターの一般浸透

英国の調査会社ジュニパーリサーチによると今年で3Dプリンターの販売台数は推定44,000以上となり、2018年までには100万台を超えるようです。

ジュニパーネットワークスは出荷台数は比較的低いレベルですが、ここ5年で大幅に増加すると予想しています。
ジュニパーリサーチ社の新しい報告書「消費者向け3Dプリント&スキャン:サービスモデル・デバイス&機会2014から2018 」では消費者を募るには
まだ初期段階で技術も消費者の想像力をまだつかめず、ソフトウェアの適切なエコシステムのキラーアプリケーションは、アプリケーションや材料を識別し使えていないようです。

確立された印刷ベンダーはカードの表示がいりますが、ニッチやノベルティのアプリケーションは増加しており、ハスブロやHersheysなどの企業は、
消費者むけにユニークなアプリケーションを開発するため3Dプリンティング·ベンダーと協力しています。

技術的意識が消費者に広まり、多くの関心をよぶのに有効で、新しい製品やアプリケーションに適用されます。
レポート作成者ニティンBhasは「日常のオブジェクトを作成するセグメントの長い成功のためのキラーアプリケーションとコンテンツが重要な役割りをもち、
まだ店頭にはないようなユニークでパーソナライズされたものが一般を3Dプリントの考えにおいて教育し、その気にさせる」と付け加えました。

(www.3ders.org)より
3Dプリンターの一般浸透


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top