3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンターでフットボールの顔面防御用のマスクをつくる。

3Dプリンターでフットボールの顔面防御用のマスクをつくる。

3Dプリンターの顔面防御用マスク

オランダの国際的フラム選手、ジョン·ハイティンガは、数週間前に練習中、事故で鼻を損傷し、
シーズン中の残り試合への参加が懸念されていました。
回復には3週間かかるが、ハイティンガはプレーを続けることを望みました。

3Dプリントでカスタマイズされたスポーツマスクは、顔の不安定な部分を保護しプレーへの参加を可能にしたのです。
マスクは、ロンドンの3Dプリント会社、キャベンディッシュイメージングの科学者によって設計されました。
彼らは、プレイヤーの顔の3次元モデルを生成し、選択的レーザ焼結技術を使用して、粉末状のナイロン層を積層し3Dモデルをプリントアウトしました。

3Dプリントマスクは、裂傷へのさらなる損傷を防ぎ、鼻や頬骨、あごや唇の保護、または骨折に使用できます。
ハイティンガは、火曜日に手術を受けて、金曜日に彼はすでにマスクで訓練してきた。
マスクはカスタマイズされ、走行やヘディングをしても大丈夫です。
「マスクは非常に快適だった。マスクなしとはまったく違い、本当にパフォーマンスからの影響はなかった。」ハイティンガは、デイリーメールにいいました。
マスクは壊れた鼻の手術からの回復の間、彼の顔を保護しました。

3Dプリント技術はスポーツ選手たちの練習や試合の貴重な時間を有効なものにしています。
3Dプリンターの顔面防御用マスク


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top