3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンターで作成された銃でオンラインに登場し、逮捕。

3Dプリンターで作成された銃でオンラインに登場し、逮捕。

3Dプリンターの銃

川崎市の大学職員の27歳の男が3Dプリンターで作った殺傷能力のある拳銃を所持していたとして、銃刀法違反の疑いで警察に逮捕されました。
拳銃の販売や事件には至っていませんが、日本国内での法律に反する3Dプリンターの使い方をしています。

逮捕されたのは川崎市高津区に住む湘南工科大学の職員、居村佳知容疑者(27)で、
居村容疑者は先月、自宅で樹脂製の拳銃2丁を隠し持っていたとして銃刀法違反の疑いが持たれています。

居村容疑者はインターネットの動画投稿サイトに自身の3Dプリンターを使って作成した拳銃を発射したり、作成していく様子を投稿していたということです。
警察が自宅を捜索し、樹脂製の拳銃5丁を押収し、このうち2丁は殺傷能力があることが確認されました。
特に一丁についてはベニヤ板15枚を貫通するほどの強力な殺傷能力があり、とても危険です。実弾は見つかっていません。

居村容疑者は容疑を認め、「拳銃は自宅の3Dプリンターを使って自分で作った。違法とは思わなかった、弾丸を作る技術もある」と供述しています。
居村容疑者の自宅から押収された3Dプリンターは組み立て式で、容疑者のパソコンにはダウンロードされた拳銃の設計図のデータが保存されていました。
3Dプリンターを使って製造したとみられる拳銃が押収されたのは、全国でも初めてだということです。

3Dプリンターの銃


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top