3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンターで危険物を除去する虫のような動作をするロボットを作り出す。

3Dプリンターで危険物を除去する虫のような動作をするロボットを作り出す。

3Dプリンターで危険物を除去

インペリアル·カレッジ·ロンドンの空中ロボティクス研究室の開発した、世界初の3Dプリント飛行ロボットは虫のように巣を構築し、重いコンテナを手の届きにくい場所にでも運びだすことができます。

それはすべて自律的動作によります。
アイデアは、自分の唾液を使って巣を作るswifletsという虫に触発されて作られました。

quadcopterと呼ばれるこの飛行ロボットは、過酷な環境において危険となるオブジェクトを除去する目的などに補助的に使用することができます。
方法はオブジェクトの上に粘着性の泡を印刷します。
その後、 GPSやセンサーを使用してオブジェクトに自分自身を導く第二のロボットが、その化学形態が硬化した泡の上に着地し、
その後数分で、第二のロボットは、再び離陸しそのオブジェクトを運びます。

このような無人偵察機は、核施設からの放射性廃棄物を除去するためや、破損した屋根や建物のブリッジを固定するために使用することができます。
hexacopter と呼ばれる第二ロボットは、定期的なバッテリーで動作しますが、現在少なくとも2.5キロを運ぶことができます。
将来的には太陽電池などでロボットを充電することが可能になります。現在の研究目標は、遠隔操作の無人機のミッションを、増加させることです。

3Dプリンターの以外な使い方をするこのロボットが、必要になる場面は日本においても将来多くなるかもしれません。

3Dプリンターロボット


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top