3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンターで如何なるサイズの立体印刷物も印刷できる

3Dプリンターで如何なるサイズの立体印刷物も印刷できる

3Dプリンターで如何なるサイズの立体印刷物

主な個人用3Dプリント機は、それらのX、Y、およびZ軸など、造形可能サイズに制限があります。

オブジェクトの印刷には、3Dプリンターオブジェクトより、3Dプリント機が大きい必要があります。
そして、今回登場したのが、平らなプラットフォーム上で移動印刷することが可能な新しい3Dプリント手法の発想であるモバイル3D-印刷ロボットです。

大型の3Dプリンターは今輸入であれば3万円で購入できますが、3Dプリンター自体が移動することにより、
あらゆるサイズの造形物ができるといった面白い発想は、今後進化しそうです。

個人宅での利用については、特に設置場所のスペース範囲の制限がつきまといますが、デスクトップでは小さな造形しかできないのが今の現状です。

NEXT(三次元的な実験ラボ)とライフ(物理コンピューティング·ラボ)の工業デザイナーの開発した3&DBOTロボット3Dプリンターは、
平面上での自由なサイズでの印刷が可能です。

携帯用と自律マシンを搭載、技術を駆使した六角形状のロボットです。

このような移動3Dプリンターを動作させる主な課題は、正確な3Dモデル作成のための動作フィールド内の位置把握の精度を保証するビデオ追跡システムの開発でした。
ロボットに内蔵の無線受信機でホストコンピュータと通信、組み込まれたArduinoのマイクロコントローラでは、3&DBOTプリンタ自体の度合い調整をします。
無指向性ホイールはそれが必要とする任意の方向に移動するロボットを無制限に動かします。
3&DBOTプリンタの完成した造形物の精密度合いには少し疑問が残りますが、その機能にはテクニックが隠されています。

伝統的な3Dプリントの他の制限は、プリントヘッドよりもできなかっ高い理論的にはオブジェクト以来、
高さで、この3&DBOTプリンタはオブジェクトの隆起構造を把握するに未だとどまっています。
素材としては粘土、セラミック、陶器などの多様な材料に印刷することができる。

3Dプリンターでの立体印刷物


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top