3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンターで車椅子を表情筋で制御できるように

3Dプリンターで車椅子を表情筋で制御できるように

顔でコントロール

 

 

3Dプリンターで車椅子を表情筋で制御できるようになりました。
セントラルフロリダ大学の学生によって設立された非営利団体は、車椅子ユーザーに、
簡単な顔の動きで、自分の椅子を移動させることができるという、3Dプリンターによる車椅子装置を開発しました。

 

3Dプリント車椅子

 

 
3Dプリント車いすデバイスの創設者兼最高経営責任者(CEO)アルバート・マネロは述べています。
「当社の最新のメンバーのシニアデザインプロジェクトとして実行しました。」

筋電センサーが額近くにあり、顔の上の各種の電子部品からなる小さなボックスは、車椅子のジョイスティックに接続します。
これらのセンサは、顔の動きを検出し、データが順番にジョイスティックを制御ボックスにセンサから送信されます。
3Dプリント装置のセットは、車椅子利用者自身が、顔の動きで自分の椅子を制御することができます。
ジョイスの発明は顎運動と眼球運動を登録します。
独立行動が可能
この3Dプリントデバイスは、すでに公共にテストされています。
四肢麻痺車椅子利用者チャーリーメリットは、大学で11月24日に3D印刷デバイスを試してみました。
ダイビング事故で負傷した米海兵と旧パワーリフティングチャンピオンは、わずか5分で装置をマスターすることができました。
それを使用中にはチューインガムは論外だけどね。とメリットが冗談を言いました。

マネロは近い将来、多数の受信者に、組織の3Dプリントデバイスを持参したいと考えている車椅子の会社やベテランの協会が、
この3Dプリンターによる独立性をもった車椅子の開発技術を伝授したいとのべました。
うでを使わない

 
3Dプリンターは、そのローコストで、カスタムオーダーが可能で、短期間で完成するという革命的創作の利点をもっています。
これまで、障害者にも義足や義手などが製作され、多くの成長過程の子供を含む障害を持つ人々をすくってきました。
これまで義足や義手など、障害者のそれぞれの障害レベル、成長レベルに合わせたツールは、専門企業により、
多額のコストをかけて作られてきました。

だれにでも必要な両手と両足の動き、行動に支障があっても、
それを補助する義足などを作成することができない人々が世界にどれだけいることでしょうか。
このような3Dプリンターを利用した善意のクリエーションにより、今では簡単にオーダーもでき、多くの人が救われています。

欧米では地域大学などが所有する3Dプリンターをつかって、その地域の障害を持つ子供や人々のために義手や義足をほとんど無料で作り、
広く紹介されています。
こうした慈愛のある精神的ボランティアは、クリスチャンの国では当たり前のように正義をもって実行されます。
日本でもとても美しい義手が開発されています。ぜひチェックしてください。

 


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top