3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンターとフード

3Dプリンターとフード

NASAから12万5000ドル(約1300万円)の資金援助を得て、食べ物を作り出す3Dプリンターの開発が進められ、宇宙食としても利用される見込みです。

3Dプリンターによるフードのプリントは当初、NASAから資金援助を得るため、ハーシーズのチョコレートを模作したことからはじまりますが、
この開発はエンジニアのアンジャン・コントラクターさんによるプロジェクトで、コントラクターさんは未来には一家庭に一台3Dプリンターがあるイメージを描いており、
普通のオイルや専用のパウダーの配合で個々に適した栄養価の食事が作れるようになるとしています。
それぞれの健康状態や体調、病状に合わせて適切な栄養のパウダーを調整することができるようになります。
3Dプリンターにレシピを入力して、パウダーを水や油に溶かしてセットし、あとは3Dプリンターの作業を待つだけです。

コントラクターさんは「もしジェットエンジンや美術品を作成する機械と同じものから作られた食べ物に抵抗があるならば、
それはあなたが食べ物に困っていないからです」と語ります。

現在の3Dプリンターは主に航空や自動車、教育に利用されるイメージがまだまだ強いです。
経済学者は、現在の食料システムは未来の120億人という人口を支えるには不十分で、食料の概念を変える必要があるとしています。

なお、現在はまだ完成しておらず、価格など詳細は未定です。

3Dプリンターとフード


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top