3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンターによる血液循環器をストラタシス社が発表

3Dプリンターによる血液循環器をストラタシス社が発表

Hemosep

英国ベースのBrightwakeは、Hemosepという画期的な血液循環マシンを開発しました。
ストラタシス社のディメンション1200es3Dプリンターで作ったものです。

Hemosepは心臓を開いているときや主要な外傷手術中に流した血液を血液細胞に集中させ患者へ輸血で戻し回復させます。
このプロセスは自己輸血と呼ばれ、必要なドナー血液量を減らし、輸血反応の問題を軽減します。

「 Hemosepは化学スポンジ技術を使用したバッグや、血液手術部位から吸引、または手術後の人工心肺装置から排出された血液に集中する機械的撹拌器で構成されている」とBrightwakeの研究開発ディレクター、スティーブ•コットンは述べています。
「輸血を介して細胞を患者に戻す血液不足の状況で、このリサイクル方法論が国民健康保険の何百万もの節約となり、医療業界内での挑戦者となりえます。
以前はこれらの部品の製造を外部に委託し、一部あたり約3週間かかった。今は3Dプリントの優れた強度部品が一晩ででき、
当社試作コストの96パーセントの削減と各3DプリントモデルについてGBP1000以上をセーブしている。
3Dプリントはコストの削減だけでなく、実際に臨床試験への機能装置として非常に重要でした」と付け加えた。

医療機器の生産側は機能性と安全性のテストのストレスに耐え得る非常に正確な部品を要求し、Brightwakeの3Dプリント使用は、大幅なコストと時間を節約する利点を示しました。
プロトタイプデバイスは、最終的なデバイスが金属から製造される前に、メインろ過、冷却システムなど、機能的に意図された環境でのテストを可能にしました。
EMEA上級副社長兼ゼネラルマネージャ、アンディ•ミドルトンは「アイデアをすぐに機能的な製品化へつなげるには、
長期的にはケアの質の向上、場合によっては、命を救うものを信じることです。」と述べました。

3Dプリンターによる血液循環器


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top