3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンターによる銃器作成レベルの発展と進化とその影響

3Dプリンターによる銃器作成レベルの発展と進化とその影響

3Dプリンターによる銃器作成レベルの発展と進化とその影響

最近の日本のニュースでも3Dプリントの銃器作成で3年半の実刑が課されましたが、
タブーであるのは、3Dプリントの銃器作成技術が、迅速で簡単に進化していることです。

追跡不可能な3Dプリント銃器の大量製造などの脅威は、世界中の法執行機関の仕事にも影響し、
過去2年間で特に3Dプリンターの技術、機器の進化による銃器製造の簡易性もましてきました。

日本で禁止されている銃ですが、ゲームのブームをみても、人を狙い、銃撃するという行為は子供から大人まで集中して興味の集まることですが、
銃撃されたものはゲーム画面でみるように、弾んで飛ばされることもなく、その場に痛々しく倒れ込む恐ろしい武器です。

世界中の警察3D 印刷技術の愛好家に警告していますが、その背後で、比較的安価な
プラスチック製の3Dプリント銃が米国、カナダ、日本で制作に成功し発射されています。以下の動画をご覧ください。

工学的に高度なプラスティック応力抵抗材料から、現在は炭素繊維の3Dプリントフィラメントの最近の導入で、3Dプリント銃の性能も高度になりました。

ガンは750ドルで米で販売されたり、さまざまな3Dプリンターの印刷による弾丸なども可能です。
印刷用プラスチック部品は約9.30ドルかかります。

1911ブラウニング0.45拳銃のレプリカを作成するため、直接金属レーザ焼結プリンタを使用することもできます。

3Dプリントのパワーはカスタムガンなどはライセンスなしで米では自宅で完全に構築することができ、
3Dプリントの魅力は特別な何かを作り、人に見せることでなく、上手に使って記念にしたり、うまく利用して生活を簡易にしていくことです。

3Dプリンターによる銃器


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top