3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンターのオンライン市場進出とそのメーカー

3Dプリンターのオンライン市場進出とそのメーカー

3Dプリンターのオンライン市場

3Dプリントの市場において、3Dプリンターの技術は、実用的なアプリケーションと、デバイスにより大きく変動します。

小売業、製造、自動車、航空、金融、建設、エレクトロニクスの分野において、産業の多様性によってその可能性は強調されていき、
変化し、進化、発展しています。米3Dプリンター企業、Formlabs、CreoPop、Shapeways、Sculpteoは、3D新興企業といえます。
Autodesk、アマゾン、ホームデポ、GEと(最近ストラタシスが買収)Makerbotなどは、3Dプリンター市場において最大の影響力をもちます。

3Dプリント物市場のAmazonとしての3Dプリンター関連小売市場の参加で、3Dプリント製品店の導入によるオンライン3Dプリンター造形技術そのものの市場販売では、
顧客が自分の製品をパーソナライズ,カスタマイズが可能となり、3Dプリントという新しい形のクリエイション自体のダイナミックな市場への導入を実現しました。

Intelは最近、カスタマイズ可能な、3次元印刷によるロボットキット・ジミーを発表、価格は約1600ドルで、年末の市場販売を目指しています。
同時に回路図とAIコードをオンラインで無料提供しています。

Makerbotのブランドバリューにも、 3Dシステムズ、アマゾン、ホームデポ、ステープルズのような大手企業が追従しています。
MCorとFormlabsのような新しい企業も革新的な企業としてあげられます。

これまで、オンラインでも一般街頭市場でも、プリンタやパソコンなど、自ら何かを平面的に印刷する、
ピクチャを印刷する、クリエイションはそれが限界でした。

3Dプリントのオンライン市場では、パソコンの画面で、今欲しいものがオンラインで個々個人の家庭の3Dプリンタで物理的にクリエイションを実現する。
新しい造形の技術の家庭への導入といえます。

子供のビーズアートなどの玩具は、子供の想像により好きなものが、その玩具のルールに従って作成できるというコンセプトでしたが、
3Dプリンター技術では現実的に必要な物品の家庭でのリアルタイムでの造形が実現したという点では、
今後、3Dプリンタの進化と、その市場での浸透により、リアルタイムで配送過程のない、物の購入といったクリエイトデータの購入という思考で、
市場が成立することになります。

3Dプリンター市場


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top