3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンターのバイオ印刷による体内で電気を生成する人工臓器

3Dプリンターのバイオ印刷による体内で電気を生成する人工臓器

3Dプリンターのバイオ印刷

科学者は3Dプリント技術により、遠い将来には人間の臓器をすべて3Dプリンターで印刷できることになると予見しています。

しかし、アイオワの先進生産技術グループ大学の共同ディレクターであり、機会産業の助教授で博士のイブラヒム・オズボラットは、
体内で電気を生成することができる臓器をいつの日か、3Dプリンターでバイオ印刷することができると述べています。

興味深いのは「人体には存在しないが、人間の体の機能を強化するために移植する”新しい臓器”を開発することである」とイブラヒムは言いました。
「例えば体内で電気を生成することができる臓器も作り出せるのです。複雑な臓器 – 例えば、心臓に障害が発生した場合、必要とするペースメーカーでは、
バッテリー交換の際、手術が必要ですが、人間の体の一部として電気を生成する臓器を作成できるのです。」

3Dプリント技術でのコンピュータ支援設計のUIのセンターで学生や研究者のチームを率いるイブラヒムは
「我々は、3Dプリントで構築するための基材に、生きた細胞を使用し、それらは、プラスチックフィラメントから生体組織の薄い膜へと代わり、
血管を作るために積層し、さらに複雑な血管網も作り出します。」

彼らの長期的な目標は、今後10年間で人間の臓器を生産することで、現在は3Dプリンターのバイオ印刷による糖尿病の治療法を進めており、
グルコース感受性膵臓の臓器をバイオ印刷し、血液の血糖値を調節するための体内への移植を研究しています。

3Dプリンターのバイオ印刷


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top