3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンターの光指向電気泳動堆積( EPD )技術

3Dプリンターの光指向電気泳動堆積( EPD )技術

3Dプリンターの光指向電気泳動堆積

3Dプリンターにまた新しいナノ技術がうまれました。

この概念実証ロゴは3Dプリンターの新しい製造プロセス、光指向電気泳動堆積( EPD )で印刷されたものです。
タングステンナノ粒子(暗褐色)の層は、レーザーカットアルミニウムマスクを介して照射された領域上に堆積させ、次にマスクはアルミナセラミック材料(白色)を堆積させるため、ナノ粒子の溶液と共に変更します。
将来的には、マスクは完全に自動化された蒸着システムのためにデジタル投影マスクに置き換えられます。
ローレンス•リバモア国立研究所の研究者は、光導電性電極と直流電場を動的パターンに表面材を使用し、光誘導電気泳動堆積と呼ばれる技術を作成しています。
この反射光は、感光体の表面に接触した対象地域内の材料の蓄積を可能にし、高分解能を持つ大規模な面積にわたって任意にパターン化された
3D多重物質複合材料を作成することができます。

電気泳動堆積( EPD )は、金属や導電性部品のノベルコーティングの製造のための経済的で汎用性の高い加工技術として関心を集めています。
このプロセスの最大の用途は、自動車のための最初のコートプライマーとしてで、ダンクタンク内の液体のプライマーは負に、
金属表面にプライマーの引力を強制的に帯電している間に自動車のボディは正に帯電しています。
セラミック・金属・ポリマー・生細胞など幅広い材料が電気泳動堆積プロセスで使用できますが、EPDには制限があります。
特定の場所にだけ材料を堆積させることができます。
空隙領域を正確にエネルギー吸収にし、臓器又は静脈血管の作成のための細胞材料内のポリマー材料の挙動を制御するために部分的に作成することができます。

3Dプリンターの光指向電気泳動堆積( EPD )技術


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top