3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンターの国際的現実的利用法について

3Dプリンターの国際的現実的利用法について

3Dプリントアイテム

 

いまでは、日本でも3Dプリンターの広告やニュースを聞きます。

3Dプリンターが国内で本格的に販売されるようになったのは、ごく最近の去年頃からです。
いまではオンラインの楽天やアマゾン、ビックカメラなどで、4.5万円から購入できるようになった3Dプリンター、
気が付いたら企業でもとっくに部品や金型の製造に導入され、大型の金属素材の3Dプリンターなどが続々と日本の製造でも登場しています。

日本製の3Dプリンターも今年に入って本格的な洗練されたものが多く登場してきており、
去年から日本で資本投入のあった「ものづくり」をテーマにした3Dプリンターの国内計画も順調に進み、3Dプリンターの専門サイトも国内から出ています。
セミナーや展示も多く開かれ、ごく2,3年前までは何かアニメフィギュアや拳銃を作るもののようだったイメージの3Dプリンターも、
医学や航空、宇宙、工業など、幅広く利用されてきていることがわかり、多くの人の興味を集めています。
3Dプリント義手
80年代に日本の新聞活字印刷のアイディアを元に立体造形の考えが日本の教授のアイディアで初めて明るみになり、
本格的にはアメリカが特許を所得し、実際的立体積層造形として発展してきた3Dプリンター。
いまではあらゆる素材の利用が可能になっており、現存するマテリアルのほとんどが3Dプリンターに使われます。

それは、食材や栄養素をはじめ、カーボン、金属、陶磁器、樹脂、紙にいたるまで、すべてと言って良いほどです。
こうしたあらゆる素材の利用は、医学などには、人工細胞など、今後の発展した医療技術に革命を与える期待のかかっているものもあります。
実際人工骨や歯は、世界では病院などで導入されてカスタムオーダーの顎や歯などが使われています。

残念ながら国内では医学の分野ではまだ利用している病院はないと言って良いですが、その研究は進んでいます。
高齢化社会の日本では膝などの人工骨の利用に期待がかかっています。
デスクトップ3Dプリント
個人ユーズから企業ユーズ、また科学、工業の研究に大きく取り上げられている3Dプリンター、大手メーカーや時計、スニーカーブランドなども、
その部品やスパイク、また車の部品製造などにも広告的な利用をはじめています。
デスクトップ型の3Dプリンターも、最近ではソフトウエアのAdobeやMicrosoftと協力して、
本格的デスクトップソフトウエアとしての3Dプリンターの把握と実用が進みそうな気配を見せています。
繊維や人口細胞
全国的にオンラインを中心に販売の進んでいる3Dプリンター、人気の3Dプリンターサイトで、あらゆる素材で一度自分だけの作品を作ってみるのも良いし、
義手などハンデのある人へのプレゼントを作成するチームを地域で作ったり、個人の購入でも大きな仕事ができる3Dプリンター、
今後国内での活用に期待がかかります。


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top