3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンターの日本における造形テクニックの可能性

3Dプリンターの日本における造形テクニックの可能性

3Dプリンターの日本における造形テクニックの可能性

3Dプリンターの一番最初の開発は、80年代、日本から始まっているのです。

その後90年代になり、アメリカで本格的に実現され、ストラタシス社より初期の3Dプリンターが出現しました。
特許も結局は実際的に3Dプリンターを本格的に制作したアメリカにあります。

昨年より、特許もきれ3Dプリンターが格安になったこともあり、オンラインやヤマダ電気で5万程度で購入できるようになり、
展示用カフェやオンライン3Dプリント製品の販売ショップも多数今年になって登場しています。

医療、科学、工業、学術、芸術、宇宙、航空、食品など、利用する素材や技術の進歩により、その利用範囲やレベルもどんどん広がりを見せています。
特に医療の分野では、手術のシミュレーションに人工内臓を3Dプリント造形して、その手術スピードを上げるという目的以上に、
欧米では人工細胞や皮膚などのバイオフィルムや人工内臓や人工骨そのものを3Dプリントして、実際に利用したり、
中国でも人工の頭蓋骨などを実際に手術に使っています。

日本では、特に去年からの資本投入により学校や、工業などの分野では3Dプリンターの導入が始まりつつあり、
医療でもヨーロッパで3Dプリンターによる人工内臓を利用した手術シミュレーションを発表したりしています。
今年にはいって、銃などの違反3Dプリンター造形の報道もありましたが、銃器等の作成を日本では制限する専用ソフトウエアも今年開発されました。

CADや3DCG、またオンライン3Dプリントデータのダウンロードにより、いまでは海外の3D造形物や通販などで、あらゆる3Dプリント作品や商品がダウンロードできます。
また日本ではウエディングや成人式の記念にスキャナーにより、3Dプリントで自分たちを記念フィギュアにする特別サービスなども開始しています。

気になる日本製の3Dプリンターについては、キャノンやリコーが2D印刷のこれまでの技術や販売ラインを生かし、
今年から3Dプリンターの分野に本格的に参入しています。
今後、日本があらゆる分野において、最大限に可能な限り3Dプリンターを利用し、無駄な生産コストや時間をなくしていくことが期待されています。

日本における造形テクニック


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top