3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンターの金属素材利用による爆発と、それを利用するハッカーの危険

3Dプリンターの金属素材利用による爆発と、それを利用するハッカーの危険

3Dプリンターの金属素材利用による爆発と、それを利用するハッカーの危険

今週、米国商務省は、3Dプリントに危険性があるとして政府の防衛請負業者に報告しました。

それはハッキングに関するプリンタ利用の危険性について、3Dプリントで金属部品を構築し、金属粉末を使用するなどの脅威です。

商務省の一部、NISTのレポートは、国立標準技術研究所が開発した3Dプリントはさまざまな脆弱性があり、悪用可能であることを契約者に警告しています。

この夏FBIは、銃や爆発物をも開発可能な3Dプリント物の様々な危険な悪用の可能性の調査として、テロ爆発装置分析センターで、
32000ドルのストラタシス社製オブジェ243Dプリンターを購入しました。

今年初め、マサチューセッツ州ベースの3Dプリント会社Powderpartは、爆発事故で労働安全衛生局によって罰金を科されています。
チタンとアルミニウム合金の科学的発火による事故でした。2013年には負傷者もでています。

3Dプリントのセキュリティ問題についてさまざまな警告があります。

報告書によると、ハッカーはさまざまな方法でセキュリティ保護されていない3Dプリンターを利用できます。記載されている危険性は以下のとおりです。

*サービス拒否(DoS)は:印刷サービスが利用できないようにします。

*送信されたジョブを持つスパムでは、サービス拒否が発生します。

*デフォルトの管理/設定のパスワードの悪用には、複数のパスワードを使用します。

*暗号化されていないデータや情報を傍受します。

*改変/データと設定の腐敗。

3Dプリンターに利用する素材として主な樹脂よりも、微細な金属粉末は、航空宇宙および防衛産業、政府の請負業者に利用されています。
化学組成に応じて、揮発性になる可能性粉末など、爆発の危険性があり、それを悪用したハッカーや様々な事故、
事件の可能性は世界的に無視できない段階となっています。

3Dプリンターの金属素材


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top