3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンターはどう活用されているか

3Dプリンターはどう活用されているか

3Dプリンターの活用

3Dプリンターの進化と発展には目覚しいものがあります。
またその製造法の特許期間が切れるなどで安価になり、ますます身近になってきました。そしてその活用範囲は拡大する一方です。

現在はたとえば建築の分野では構造物の模型製作などにつかわれ、大型の3Dプリンターでの住居建築の研究もすすんでいます。
教育分野でも導入が進み、細胞などの様々な模型などをはじめ、ものづくりにも活用が期待されています。

医療の分野では個々のニーズに応じた幅広い利用がなされています。
コンピュータ断層撮影や核磁気共鳴画像法などのデータを元にした術式検討用、手術検討用の患部モデルや損部の復元用などへの応用や、
またリハビリ、矯正器具や歯型の製作、人工骨、人工関節、最近は3Dプリンターで作った生分解性ポリマーにiPS細胞を生着させるなどの技術で、
人工臓器などの製作も検討されはじめているのです。

自動車などの工業分野では、実寸造形や、金属部品の試作で必要な木型・砂型や金属部品の製造、部品の組み立て検証や機能テスト、試作品作成等に活用されています。

今後も続々と出てくるであろう、3Dプリンター技術の応用には期待が高まります。

3Dプリンターの活用


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top