3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンターはどんな使い道があるの?

3Dプリントフード

 

3Dプリンターは、1980年代に日本の小玉秀男が新聞の印刷技術を元に発明し、3年後にアメリカのチャック・ハルが開発、特許をとった技術で、
立体の積層造形技術です。
今では手軽にオンラインで手に入る3Dプリンターですが、世界で注目されたのは、2013年ごろからです。

日本では現在ものづくりの一環として、投資があり学校や企業でも広く導入が開始され始めています。
学術的利用から、工業、航空、宇宙工学、医学など、その用途にはクリエイションの全てが含まれるほどです。

現在利用できる素材も、ものの数だけあり、金属、陶器、木材、樹脂、食品、人口細胞など様々、
このバリエーションは、目に見える全てのものを作り出す勢いで、造形の革命と言えます。

 

プリントした雑貨

 

 

3Dプリンターにはいくつかの造形方法の種類があります。
光造形型(レーザー照射方式)
光硬化樹脂という、紫外線で硬化する液体樹脂を使用し、槽に満たされた光硬化樹脂にレーザー(紫外線)をひと筆書きのように照射しながら造形します。一層目の造形が終わるとプラットフォームを一段下げ、同様の作業を繰り返すことによって立体物を形成していきます。

 
熱溶解積層型
プラスチック等の固形材料を高温で溶かして、ノズルから材料を出力させながら一層ずつ積み重ねることで立体を造形します。
低価格3Dプリンター、パーソナル3Dプリンター、または家庭用3Dプリンターと呼ばれている機種のほとんどがこのタイプに当たります。

 

光造形型(一面露光方式)
光硬化樹脂を紫外線で硬化する液体樹脂を使用します。
小さな槽から造形一層毎の光硬化樹脂をプラットフォームに補充し、一層を一度のフラッシュ(露光)で硬化させます。

 

インクジェット型
光造形型3Dプリンタ同様、光硬化樹脂を紫外線で硬化する液体樹脂を使用します。
光硬化樹脂をノズルから噴射後、即座に紫外線を照射し硬化させながら造形していきます。

 

3Dプリントタイ

 

 

3Dプリントデータを元に、あらゆるものを造形しプリントアウトする3Dプリンターは、あらゆる用途に利用され始めています。
オンラインでも簡単に購入できる3Dプリンターは、個人的なユーズも多くなり、Thingiverseをはじめとする3Dプリントの造形サイトで、
日用雑貨や時計、靴にファッションに至るまで楽しいプリントアウトが楽しめます。
現在ではスニーカーや時計、コーヒーなどの大手メーカーもこの3Dプリンターの造形に参入しており、多く商品かされています。
また専用ブランドも多数でており、様々な前衛的なデザインの製品が世界に届いています。

chefjetの砂糖菓子


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top