3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンターは何でも作れる夢の機械なのか

3Dプリンターは何でも作れる夢の機械なのか

ドラえもん

3Dプリンターは、26年前に発明されて以来、革命的な進化をしています。

特にフィラメントが今ほど多種多様になったおかげで、食料から機械、医薬品から医学モデル、住宅から芸術作品にいたるまで、
ありとあらゆるものが簡単に立体印刷できるようになりました。

日本ではまだ新しく、これから徐々に生活にも浸透していくようですが、海外ではもう化粧品から義手など、
日常生活用品というよりは生活必需品にいたるまでが3Dプリンターを使ったものに注目が集まっています。

3Dプリンターというと、何か特別なものを作るようなイメージがあるのですが、その技術はもっと繊細で柔軟であることが、
多くの使用者のニーズと工夫、研究者の開発によって実現され、証明されてきています。

また技術の特許が時間がたつにつれ開放され、3Dプリンターが安く手に入るようになりました。
技術と素材がそろえば、この世界で目にみえるもののほとんどが印刷して製造することができることになります。

漫画”どらえもん”の長期的な人気もそうですが、人々の求め続ける、「あったらいいな」というものが家庭や職場で簡単にすぐに手に入る。
そのような子供の夢のような状況が、少しずつ実現する未来になりつつあります。
そしてその夢の機械である3Dプリンターをどう使っていくかは、人々の知性と良識によるのです。

3Dプリンターは夢の機械


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top