3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンターを使用して、移植組織や細胞を作成し病院で利用する。

3Dプリンターを使用して、移植組織や細胞を作成し病院で利用する。

3Dプリンターを使用して、移植組織や細胞を作成し病院で利用する

マサチューセッツのボストンにある”ブリガムと女性病院”( BWH )のチームは、
3次元バイオ印刷技術と生体材料の進歩を組み合わせたハイドロゲルの構造を利用した人工血管を作成する方法をオファーしています。
生体工学では、こうした印刷技術の開発がすすんでいます。

研究チームは様々なアーキテクチャ上の機能を発揮するマイクロチャネル·ネットワークの構築に成功しました。
3D バイオプリンターを使用し作成したアガロースの血管用の型として機能する繊維のテンプレートを作ったあと、
ハイドロゲルと呼ばれるゼラチン様物質で金型を満たし、キャストを形成しました。

アガロース繊維の印刷では、チャネルを作るために丈夫な繊維のテンプレートは削除することができるのです。
生物医学エンジニア、およびBWHバイオマテリアルイノベーション研究センター長であるアリ・カデムフセイニ博士は、
「周囲のゲル中に封入されている細胞にあまりよくないかもしれない、これらのテンプレート層を溶解する必要がないようにする」といいました。

特に、細胞を積んだメタクリル化ゼラチンは、作製した血管ネットワークの大量輸送、細胞の生存率および細胞分化を改善するために機能する、
その方法を示すために使用され、それで製造されたチャネル内の内皮単層の正常な形成が達成されました。

「将来的に3Dプリント技術によって、各患者のニーズに合わせてカスタマイズされた移植組織を開発したり、
安全で効果的な薬を開発するために、本体外で使用できるようになる」とカデム・フセイン博士は言っています。

移植組織や細胞


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top