3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンターモデリングの個人用簡易作成方法の浸透

3Dプリンターモデリングの個人用簡易作成方法の浸透

3Dプリンターモデリング

ラスベガスで行われたCES2015の3Dプリント関連の発表で、Leopolyプラットフォーム上Leonar3Doの新しいビジネスソリューションの発表は
3Dプリントのカスタムオーダー市場のことで、ブラウザベースのLeopoly3Dモデリングプラットフォームは、誰でも簡単に瞬時に3Dプリントモデルを作成できます。

「シェイパー」のオンラインコミュニティで、すべての人に3Dデザインと創造の世界を開眼する希望があり、
3Dモデルジェネレータとコンテンツ作成をする3Dプリンティングコミュニティの上級ユーザーが多いなか、3Dプリントのブランドや企業への普及を目的としています。

MakerBotは、セサミストリート、ハローキティ、マーサ·スチュワートなどのキャラクターをオンラインにおいて真空添付印刷ファイルを提供するために
MakerBotのThingiverseを使用していますが、
Leopolyのアプローチは、そのユーザーがブランドのウェブ体験で独自にカスタマイズした3Dコンテンツを作成させるための独自のプラットフォームを作成できるというものです。

ユーザーは特定の、テーマにした3Dモデルをカスタマイズできるようにし、3Dプリントおよびマーケティング目的で、製品のカスタマイズ、マーチャンダイジング、
顧客エンゲージメントのデジタル設計を簡易に可能にするものです。
立体的印刷物の3Dプリンターを利用したその3Dデータの作成はいまだに非常に難しく、医療においても専用のデータ変換ソフトなどが開発されています。
3Dプリンターの概念を教育などにとりいれ、そうした3Dモデリングやデータの概念が多くの学生に理解されることで、今後の3Dプリントの技術にも進歩が期待されます。

学校においてのLeopolyは学生に物理的な3Dモデリングの基礎を教えるためのエントリーレベルのトレーニングコースを導入しています。
教師が授業計画とガイドハウツーを持つ既存のカリキュラムのパッケージが設定されています。
Leopolyは創作、文学の議論、歴史/社会科プロジェクトや科学/数学的モデルの一部として使用されて見ることができると、
セントポールアカデミーサミットスクールのタミ·ブラス、インスティテューショナルテクノロジーディレクターは述べています。

個人用簡易作成方法

 


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top