3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター印刷物をネット販売する専門サイトができました。

3Dプリンター印刷物をネット販売する専門サイトができました。

3Dプリントショップ

Kabukuは2013年1月、誰でも簡単にそのネットワークを介して、3Dプリントされた製品を販売することを可能にするオンライン3Dプリンティング市場で「Rinkak」を立ち上げました。

設計者は登録し、Rinkakに3Dモデルをアップロードして、Rinkakの3Dプリントサービスで製造し、オンライン市場でそれらを販売します。
Rinkakは手数料として設計者の利益の30%をチャージします。
また、直接Kabukuも製品を提供しています。スマートフォン事業のように開発者にもスムースな市場の提供をしています。

個人の3Dプリンターの所有者が増える一方、その使い方や造形物の利用法が難しいのが実情ですが、
こうした機会を持つことにより、市場の拡大と柔軟な3Dプリンターの個人利用が期待できます。
「我々は急速に構造化し、クリエイターや企業が単純に3Dデータをアップロードして生産できるプラットフォームをよりアップグレードし、
サービス、機能、およびグローバル化の加速に、開発体制を強化するために資金を使います」とKabuku最高経営責任者(CEO)稲田雅彦は述べています。

このオンライン市場は、日本語キーボード「Simeji」開発者アダム・ロッカーとKabukuの最高経営責任者(CEO)の稲田により開発され、
顧客のためにすべてのプラスチック、高精度のセラミック、金属、ゴム製品、などの印刷が可能な、億単位の価値のある3Dプリンターをリースしています。

3Dプリンター印刷物をネット販売する専門サイト


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top