3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター用ハンディスキャナーとはどのようなものか?

3Dプリンター用ハンディスキャナーとはどのようなものか?

3Dプリンター用ハンディスキャナー

ハンディタイプの3Dプリンタースキャナーは手で持つことができ、
スキャンする対象物もフィギュアやおもちゃのRP、複雑な精密部品、機械部品、建設物の3Dモデリング、遺構、遺物や文化財、人間の顔、手足、体、または体全体の計測に
最適なスキャナーです。
医療や整形分野では治癒の状況把握、または薬品・薬剤の効果検証、スポーツ科学、CG、植物や果実の生育、入り込んだ工場プラントの内部設備、建設途中の部材の
位置確認にも利用されています。

CREAFORM社のGo!SCAN 3Dスキャナーは、標準的な3Dスキャナーの最高10倍の速度(当社比)で、3Dスキャン画像を生成できます。
また、ダイナミックレファレンシングといって、スキャン中に、スキャナーを移動させたり、スキャン対象物を移動させることができます。
精度は最高0.1 mmの精度を維持できます。ハンディタイプで1.1 kgと軽量です。
また操作はスキャンデータはリアルタイムで表示でき、スキャンしている間はシステムがナビゲーションしてくれます。

Artec社のArtec3Dスキャナーモデルスパイダーは0.85kgという軽量で、通常大きな対象物はモデルMまたはLのスキャナーで計測し、
細部はモデルSpiderでスキャンし、後工程でデータを合成します。通常数分でスキャンできます。
なお1回のスキャニングで大量のデータを取得するため、高速のグラフィックエンジンを搭載したPCの利用が推奨されます。

3Dプリンター用ハンディスキャナー


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top