3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリントによるオバマ大統領の、よりリアルな胸像制作技術

3Dプリントによるオバマ大統領の、よりリアルな胸像制作技術

オバマ大統領の3Dプリント胸像

3次元スキャンデータから作成された初の3Dプリントされた大統領の肖像画が六月、メーカーフェアで展示されました。
ホワイトハウスはオバマ大統領の3D-スキャンセッションの舞台裏のビデオをリリースしました。

スミソニアン主導のチームと、南カリフォルニアの大学の大学の専門家は「ライトステージ」のシステムを使用し、正確なバストを作成するために、
3次元データを記録し、ハンドヘルド3-Dスキャナーおよび従来の一眼レフカメラを使用しました。
クリエイティブ·テクノロジーのUSC研究所のポール·デベベックは「私たちは今、確実に国家元首像作製の為の世界最高解像度のデジタルモデルを記録できます。」
実際に作られた3Dプリントによるオバマ大統領の像は、細かい皮膚感から、しわ、顔の立体的感覚まで、見事にそのままとらえた像となっており、
こうした銅像などの作成に、3Dプリントによる制作技術が、今後イメージ通りの制作というより、現実そのままの銅像として利用されていく流れをもたらしました。

彼らのセットアップは50もの特注LEDが点灯し、8つの高分解能スポーツ写真のカメラ、さらに6ワイドレンジのカメラを使いました。
約1秒で光の偏光方向を変化させ大統領の顔の複雑さのすべてをキャプチャしました。
10の異なる照明条件を与えました。

チームは約一年前、オバマのスキャンを提案し、ホワイトハウスが合意しました。
オバマ氏はホワイトハウスで約15分間を使い、実際のスキャンは約5分かかりました。
キャプチャされたデータは、最終的な高解像度のモデル作成にソフトウェア会社オートデスクで処理され、
3-Dグラフィックの専門家ライフマスクとバストが3D Systemsの選択的レーザ焼結プリンタを用いて印刷しました。

スミソニアンデジタル化プログラムオフィスのディレクターは「時間の瞬間の中にある歴史に私たちを接続し、その肖像にも本物の体験をさせたい。」と述べます。

3Dプリントによるオバマ大統領


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top