3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリントによるクールな義手が、ポストにプレゼントとして届く日

3Dプリントによるクールな義手が、ポストにプレゼントとして届く日

3Dプリントによるクールな義手が、ポストにプレゼントとして届く日

3歳のRayden Kahae君は羊水バンド症候群(ABS)という
生まれつき十指がそろっていない病をかかえる、ハワイ・ワイキキに住んでいるの男の子です。

彼の父親モーセはずっと、その回復や義手を望んでおり、
とうとう3Dプリントプリントの、彼にぴったりの義手があるボランティア団体の支持で自宅のポストに到着していました。

ABSは、胎児時に血流が制限され、子どもの発達に影響を与える病気で、子宮の中で繊維状の紐状羊水バンドに巻き込まれた時に発生します。

Rayden君の祖母、Rulanは、同じワイキキで、孫が3Dプリントによるアイアンマンの手がメールポストに到着するのを毎日待っている様子を知っていました。

ポストに箱をみつけたルランの周りにはみんながいました。

母親がRaydenにアイアンマンの手を渡すと、彼はすぐにその義手を閉じたり開いたり、それで遊んで、それを見つめていました。
両手で顔を隠し、”自分には手がある”といいました。

その3Dプリントの義手はアニメヒーローのモビルスーツのようなデザインでクラスメイトの羨望の的です。
また物を掴んだり、自転車に乗り、ボールをキャッチすることができます。

先駆的な慈善団体、E-Nableのボランティアオンラインコミュニティによるこの希望に満ちた活動は、
エンジニア、理学療法士などで構成され、革新的な3Dプリント技術により設計されています。

通常、推定4万ドル(£24,000)がかかりますが、今回は節約により、無料で手を構築しました。
このボランティアは、ダウンロードの指示に従い、YouTubeのビデオチュートリアルなどで約$50(30ポンド)で独自の義肢を作ることができます。

日本でも宗教団体や病院が、こうした3Dプリント機器を安く購入し、地域の活動や慈善活動などに多いに役立てることができれば、
高齢者問題や障害者問題の軽減に注力できることでしょう。

3Dプリントによるクールな義手


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top