3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリントによるナノマイクロロボットを体内に注射し治療する

3Dプリントによるナノマイクロロボットを体内に注射し治療する

Supermagnetic3Drobots
ナノ3Dプリントを取り巻く研究はまだ始まったばかりです。

スイス連邦工科大学チューリッヒ校の科学者が、高度な機能材料の医療論文を提出し、
「先端生命医アプリケーション用の形状に依存しない磁気特性及び表面機能化と超常ツイスト型アクチュエータ」と題し、同校の研究者は、
人体内で医薬品を運ぶマイクロデバイスを駆動することができるというナノプリントアクチュエータの製造方法を概説しました。

現在、医療で体内に取り込むのは抗生物質の薬品や、3Dプリント物なら人工骨や、細胞、内臓などが期待されています。

今回は3Dプリントによる磁気マイクロデバイスロボットです。
マイクロ·ナノシステムプログラムと主執筆者、クリスチャン·ピーターズ、中博士課程の学生はオブジェクトのジオメトリに依存しない
磁気特性を調整することが可能な製造技術を開発しました。」
二光子重合によって使用され、最大の違いはその材料です。
感光性、生体適合性エポキシ樹脂で、材料に磁性ナノ粒子を組み込むことによって磁場とのプリントを制御できます。
印刷物の磁気特性を決定するため、印刷処理中にナノ粒子を着磁し、液体で外部磁場によって制御することができる螺旋状のアクチュエータ素子です。

これらの3Dプリントされたオブジェクトは、長さが60マイクロメートル、直径9ミクロンです。
チーム3Dはスパイラル、ねじれストリップ、および二重撚り線を含む、他の形状を印刷し、表面積と同じくらい速く泳ぐことができました。
研究員は「アクチュエータより興味深い特定のアプリケーションのためになります。」とし、
形状の多様性ある医薬品や化学センサ分子とアクチュエータをコーティングすることにより、特定の領域にこれらの治療を輸送することが可能です。
表面積が大きいと、複数の薬剤を搬送できます。

将来医薬品だけでなく、病気にmicrobotsを注射する治療法が開発されるかもしれません。

注射できる3Dnanoプリントロボット


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top