3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリントの使いやすいシェフナイフ

3Dプリントの使いやすいシェフナイフ

シェフナイフ

 

 

日本の包丁は、世界でも類を見ない切れ味と使いやすさであらゆる種類があります。
今回はアメリカのシェフナイフを3Dプリンターで作成するという試みです。
現在キャンペーン中ですが、この11月までに実際に手に入れることができます。
シェフナイフを使う
アメリカ、マサチューセッツ州ベースのナイフ専門のチームがあらゆるレベルのシェフのための完璧な人間工学に基づいたナイフを作成しました。
このグリップは素晴らしく、手にフィットする形状です。

キッチンツールのナイフは、過去数百年にわたってあまり変わっていませんが、今回3Dプリンターで革命的なナイフが作成されました。
親指と人差し指がぴったりとし、これまでの手に圧力のかかるナイフとは全く違います。
解決策は、彼らがサンセバスチャンカスタムコールシリーズの最上位のナイフです。
これらの概念は、広範囲な研究期間の結果です。

「3Dモデルの形でシェフのナイフや収集データを保持する方法を観察する最後の年を過ごしました。NextGrip™状のハンドルが、
この研究の集大成であり、より良い人々が自然に自分のシェフのナイフの使用方法を反映するように設計されている」とジェレミーは主張します。

このカスタムグリップは、すべてのシェフのための最大のサポートを保証するために、手の3Dレーザスキャンデータに基づいています。
これらのグリップ自体は完全に3Dプリント技術を用いて試作しました。
ナイフ自体の鋼は、最上位の材料から作られ、CNC技術を用いて一体に形成されています。

グリップ
プロ8牛刀(日常使用のための弾力性のあるプロ級のナイフ)、エリート8牛刀(ナイフの3つのバージョンを開発しました)、およびカスタム8牛刀、
チークから作られたカスタムメイドの人間工学に基づいたハンドルをフィーチャーしています。

サンセバスチャンシリーズのキックスターターキャンペーンに必要な25000ドルを集めるに向かう途中です。
キャンペーンは7月16日まで進行中ですから、チェックアウトしてください。発送は11月に開始します。
next gen
これまでの3Dプリント作品の中で、これだけシンプルで現実的な作品があったでしょうか。
日常つかうものとして、グリップの完成度の高いこのナイフは、とても使いやすく、3Dプリントするにも時間がかかりません。

 


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top