3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリントの日本国内での浸透とその発展への期待

3Dプリントの日本国内での浸透とその発展への期待

3Dプリントの医学利用
3Dプリンターは1980年、日本の小玉秀男が光造形法として発明したのが初めといわれ、
その後、アメリカのチャック・ハルがstlという3Dデータの保存法を発明し、その後ストラタシス社により特許が取られました。

去年より、3Dプリンターの特許が切れたことにより、その3Dプリンターの価格も大幅に実用的な価格となり、
オンラインや電化店で日本でも販売されるようになったのです。

ものづくり、の視点から、日本では子供達などへの普及や展示が主に盛んに行われていますが、
海外では学術的にも、工業、医学、宇宙学、衣食にも大きく利用されています。

日本でのその3Dプリンターの浸透は、個人や企業、病院や大学などのその利用、活用法によって大きくかわっていくことが期待されています。
人工細胞や、人工皮膚、人工骨などの実用的利用は、主に、人工骨から海外では始まっています。
頭蓋骨の骨折やペットの四肢の骨折などに、3Dプリンターで、特別に作られたカスタムメイドの人工骨が、実際使われ、手術で大変な成功を見せています。

また人工の筋肉など、医療的にはつくれないものはないほどで、将来的な期待がかかっています。
海外では、学園都市が、主に大学で3Dプリンターを実用しており、その活用は、学園内だけでなく、その地域へのボランティア活動で義手や、
バードネストを製造して配るなどの地域活性に役立っています。
こういった地域への活用は日本でも特に注目される利用法で、今後日本の大学や企業の3Dプリンター購入と学術的利用、また地域での活用が多いに期待されています。

国産の3Dプリンターの登場も今年からはじまり、今後の動向に期待がかかっています。

頭部に3D人工骨が必要な人は意外と多い


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top