3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリントオブジェクトに繊細な模様や色をプリントする技術

3Dプリントオブジェクトに繊細な模様や色をプリントする技術

立体の猫に水路印刷

 

3Dプリントした造形物は、そのままではカラフルなだけで、細かな表現には手作業での彩色を施すなどを行うのが普通でした。
この度、カラープリントが可能になり、とても表現豊かで面白いオブジェクトの造形、印刷が可能になりました。
低コストであらゆる色やパターンができます。

 

Computational_Hydrographic_Printing_1
これらのオプションは、水転写印刷として知られている水路印刷で、迅速に製造される物体の色や模様のデザインテンプレートを追加する技術です。
プロセスは、水と化学物質による表面の意図したデザインが、透明フィルムの薄いシートとなります。
膜は水の表面に平らに置かれ、オブジェクトは、水中に付けられ、その表面にかぶせる形です。

「水路印刷が物体表面の高品質な発色を可能にしオブジェクトに広くかぶさるが、正確で複雑な表面形状にカラーテクスチャを登録することができないことに苦しんでいる」と研究者らは、最近公開された報告書で述べました。
しかし、この水路印刷は一般ユーザーによりカスタマイズ、プリントが可能になる予定です。
「システム全体は、既製のハードウェア上に構築され、簡単に一般のユーザーによって設定することができます。」
このプロセスは、研究チームが開発したソフトウェアにより、オブジェクトの浸漬中にプリントシミュレートすることによって動作します。
物理的構造及び所望のパターンをシミュレートされた後、フィルム転写、延伸工程に合わせてそれに応じて色やパターンを作成します。
彼らが作成した、地球モデルに地球の地形をプリントするなど、研究者によってより面白い方法もみつけだされました。
プリントによる面白い作品
他のアプリケーションの中で、研究チームは、3Dプリントの愛好家は、迅速かつ正確にオブジェクトの複雑な形状にも、
プレーンな印刷をするために、複雑な色やパターンを追加する技術を見出していくでしょう。

カスタムスキンと言われる、この模様や絵の描写を作成するために、3Dプリントオブジェクトの立体構造にきちんとプリントされる模様が
これから色々できてくることと思われます。
研究者は現在、浸漬する一連のオブジェクトに、複数の三次元ペイントジョブを適用するための「マルチ液浸」システムを模索しています。

 

きちんと計算され、デザインされた模様が3Dプリントオブジェクトに今後印刷できるようになるとすると
、これまで彩色をペンキや筆で一つ一つ行っていた3Dプリントによる作品の完成時間とその度合いのレベルが向上し、
今後ますますレベルの高い3Dプリント作品が一般ユーザーの手により、作成可能となりました。


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top