3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリントプライバシーバイザープロトタイプ

3Dプリントプライバシーバイザープロトタイプ

プライバシーバイザー

 

社会の一部で、我々は意識的にオンラインにより、個人情報や仕事を共有して、個々を認識しています。
今回のこの認識ソフトウェアは、防犯カメラなど公共空間におけるプライバシーの保護をするサングラスで、あなたを守ります。

日本の国立情報学研究所は、3Dプリントを利用した、3Dプリントプライバシーバイザーの開発をしています。
国立情報学研究所(NII)傘下の日本政府が、2013年に、初めてプロトタイプを明らかにし、
ここ数年のプライバシーバイザーの概念について取り組んできています。

このメガネは、目の周りにLEDとバイザーが、カメラの撮影から身をまもります。
現在の所、すこしかさばるリチウムイオン電池によって電力を供給します。

LEDライト搭載

 
第2版は、LEDライトにかわって、光を反射する材料に依存し、バックライト光源をバウンスさせることによって
ビオラ·ジョーンズ物体検出フレームワークのようなものを破壊します。
顔認識アルゴリズムは奇妙なパターンですべての光を反射し、目、鼻、頬骨あたりに光を探します。

「勝手な判断により、許可なく撮影される写真は、プライバシーの侵害です。」NIIチームは述べています。
「例えば、写真は、時間と場所を含むメタデータと一緒にオンライン掲載される場合があります。

しかし、このデバイスを身に着けていることによって、あなたは、これらの方法で侵害されているあなたのプライバシーを保護できます。
「しかも、その軽量で半透明な、表面の白パターンは、ソフトウェアを阻止することが可能で、で角度を付けることができます。」
プライバシー保護メガネ
NIIのスタッフが、8月11日に東京でデモで発表しました。
「これは、他のデバイスの多くのイメージセンサを介してプライバシー侵害を防止するための方法である。」とNIIの研究者功越前はイベントで説明しました。
なかでも、彼は問題の一部としてグーグルグラスの名札を挙げました。
また、これは効果的に顔認識ソフトと戦うための、世界で最初の製品であることを述べました。
NIIは、ストラタシス社の、Objet30pro 3Dプリンターを使用しています。
また、光の反射を確実にするために、プラスチックフィルムで覆い、チタンフレームと、これらのバイザーが市場に来るときには大量生産され、
よりスタイリッシュでコンパクトになります。

 

テレビでも紹介

 

 

ほとんどの一般的市街地での犯罪は、その犯罪者がどこかで防犯カメラなどに映り込み、テレビなどで後で公開されたりしていますが、日常そういったカメラは24時間休まず起動して私たちを撮影しているのです。
今回のプライバシー保護のメガネは、そういった現代の社会のあり方を写しています。


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top